マーケティング戦略を練る

ノベルティの配布は企業のPR活動の一環ですが、ただ単に適当に品物を選んで配布するだけでは良い効果が得られません。一種、マーケティングのような戦略を練る必要があります。具体的には配布する相手を絞り込む戦略や、伝えたいイメージを的確に伝えられるような品物選びが重要となります。イベントを開催して、それに合わせてノベルティを配布するのであれば、そもそもイベントの対象となっているのはどのような人物像なのか、年齢層、性別、職業などを調査しておく必要があり、それに合わせてノベルティ選びを進めることで、より効率的に企業を宣伝することが可能となります。

イメージについてはノベルティのデザインが関係してきますので、あまりに凝ったデザインにし過ぎてもいけませんし、かといって簡素過ぎてもイメージダウンにつながりますので注意しなければなりません。

また費用面についても考慮しておきたいところですね。昨今ではノベルティグッズを専門に製造、販売している企業も増えてきており、大量発注でなくとも数個単位で発注することも可能となっています。料金についてもオリジナルということもあり、ピンからキリまでと言わざるを得ず、企画の段階で費用がどの程度発生するのか、入念にチェックしておかなければなりません。

どんな物が好まれる?

ノベルティグッズとして好まれる条件は2つ、消費される物であるという条件と、実用性が高いという条件になります。いくら無料で配布されるからといっても、何を渡しても良いというわけではなく、より企業のイメージを好印象にするためには「好かれるため」ではなく「嫌われないため」のノベルティ作りを心がけた方が良いでしょう。消費されるものならば、ノベルティをもらった時に悪いイメージは定着しにくいため、どちらかと言えば無難なものが好まれる傾向にあります。

具体的な例としてはボールペンやノートなどの文房具、石鹸などの洗剤、タオル、カレンダーなどが挙げられます。これらの品物はたとえ貰わなかったとしても何とも思いませんが、あったらあったでいずれ使用するという特徴を持っていますので、無難なノベルティと言えます。

実用性の高さで品物を選ぶのであれば、デスクに置けるサイズのものや、バッグに入れられる程度の小さな品物が好まれる傾向にあります。あまりに高価なものになると、無料でもらったとしても捨てるに捨てられないので、厄介物になりがちです。小型の時計やイヤホンリール、名前入り付箋、オリジナルバッグなども実用性が高くて良いでしょう。

ノベルティで宣伝活動

イベントに参加してくれたお客さんや、お店に来てくれたお客さんなどに対して、名前入りのノベルティを配ることは今や通例となりました。もちろん有料で押しつけるのではなく無料で配るわけですが、この名入れノベルティにはどのような効果があるのでしょうか。

まず期待できるのが企業の名前を売る、つまりブランディングの効果です。宣伝広告を出すのもその一環で、たとえばテレビ広告は視聴者に対して半強制的に企業の名前を見せつけることになりますので、一部の方々に対しては嫌悪感を抱かせてしまう可能性がありますが、名入れノベルティ場合には物を添えることによってそのようなリスクも軽減させるという違いがあります。そもそもイベントに来るお客さんは、興味を持って参加しているわけですので、どちらかと言えば顧客の新規開拓という側面よりも、既存の顧客に対してより印象を高めるという側面の方が強いのが特徴となります。

しかしながら、新規顧客の獲得という目的で使用できないわけでもないのが、名入れノベルティの面白いところでもあり、たとえばポケットティッシュに名前を入れて街行く人に渡すなど、やり方次第、目的次第でフレキシブルに活用できるのが特徴です。名入れノベルティはこの他にも、企業の普段とは違う一面を消費者に対してアピールできるというメリットがあります。これについてもやはり企画次第で、新たな取り組みとしてイベントを開催し、その際にノベルティを配布することによって印象の強化を行うことが可能となります。